キャロット 一口馬主

【キャロット】目指せ白星!ホワイトクロウ!!

キャロット

2021年の開催発表の日にこんばんは。

来年はまた有馬記念の後にも競馬開催がおこなわれますね。最終日はやはり有馬記念であって欲しいと思うとともに、カレンダーに頼るしかないかなと諦めも出てきています。

さて、11月21日にも1頭出資馬がデビューします。

ホワイトクロウ(父ヘニーヒューズ 母ピエリーナ 矢野英一厩舎)

ホワイトクロウ。キャロットクラブの了承を得て掲載しています

キャロットクラブのホワイトクロウは、昨年アークライト(父ディープインパクト、母ヒストリックスター)の抽選に外れて指名した馬です。今年の状況を考えると、出資できる馬がいたこと自体が奇跡的にも感じています。

出走に至るまでの経過は下記の通りです。

20/11/12 矢野厩舎

11日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒1-53秒2-39秒1-13秒2)。12日は軽めの調整を行いました。「先週の追い切りでは少しトボけたような走りをしていたので週末の調教で終いだけ集中的にビュッと動かす形で気持ちを乗せておきました。その変化を見ようと考えて今週改めて追い切りをかけましたが、今週も終いはちょっと渋かったですね…。と言っても、併せ馬で前を大きく追いかけて伸ばすようにしているので、遅れ自体はあまりに気にしなくてはいいのかなという思いもしています。それでも瞬発力に長けたタイプという感じはしないので、血統面を考えてもダートを考えていくほうがいいでしょう。この後の変化を見て最終的に判断していきますが、除外の可能性もあるかもしれませんので、来週のダート1400m戦から入れていくことを考えています」(矢野師)今のところ21日の東京競馬(2歳新馬・ダ1400m)に出走を予定しています。

キャロットクラブHPより

20/11/18 矢野厩舎

18日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒6-39秒1-12秒4)。「これまでは追いかけさせて終いを伸ばすようにすることが多かったですが、もうひと踏ん張りが利きづらい走りでもあったので、今週の追い切りでは前受けする形にしてみました。ウッドチップコースでの3頭併せだったのですが、馬なりの手応えで走れていましたし、動きを見るとここまでよりもまずまずと思えるものを見せてくれましたよ。中間、脚元にデキモノのようなものがあって気にする様子を見せましたが、治療の甲斐あって問題なさそうでしたし、今朝の動きを見ても今週の競馬を考えられるのではないかと感じましたので、予定通り向かいたいと思っています。この条件だけにすんなり出走できるかは何とも言えませんが今週は横山武史を確保することができています。今週の新馬のダートはふた鞍組まれていますし、上手く分散してスムーズに出られるようになってくれるといいですね」(矢野師)21日の東京競馬(2歳新馬・ダ1400m)に横山武騎手で出走を予定しています。

キャロットクラブHPより

というわけで、正直なところ勝ち負けというところまでは追い切りの時計は出ていませんし、矢野調教師のコメントも上向いてきません…が、11月20日20時時点で1番人気です^^;

同じような感じだったのがノルマンディーのスノークォーツだったのですが、彼女は想像以上に強い競馬を見せてくれました。今期の2歳馬は、ディープモンスタースノークォーツと好調続きですので、ホワイトクロウも頑張って欲しいと思います!

信じるものは救われる!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

人気ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました