一口馬主

【ディープ産駒】GIレーシングに加入した場合を考える…

一口馬主

王者オジュウチョウサンが負けてしまった日にこんにちは。

負けはしましたが、とてつもないプレッシャーの中で勝ちにいく難しさはあると思いますし、負けて価値がなくなることも、王者でなくなることでもありません。出ないで負けないくらいだったら、出て負けたほうが遥かに価値があります!

ディープ産駒への出資はほぼポウリナズラヴ19一本に絞り、出資するかしないかの判断だけが残っている状況ですが、実はまだ2頭出資枠の残っているディープ産駒が残っています。

 父ディープインパクト 母タイムトラベリング 萩原清厩舎

 父ディープインパクト 母ストライキングアイ 中内田充正厩舎

GIレーシングで募集されているディープインパクト産駒2頭です。先にお伝えしておくと、加入した場合を考えるだけで、加入はしません…というかできません。もちろん予算の問題です。

実際に必要な費用は下記の通りです(概算になります)

GIレーシング費用     イニシャルコスト   ランニングコスト   
クラブ入会金会費
馬代金維持費、保険料

■イニシャルコスト

–◆入会金    33,000円

–◆馬代金    2,000,000円

□ランニングコスト

–◇会費      1,650円/月

–◇維持費    約15,000円/月(総額60万で計算)

–◇保険料     60,000円/初年度 

以上から初年度は2,292,800円2年目以降も250,000円程度が必要となる計算です。ちなみに、社台やサンデーレーシングは会費が3,300円なのでさらにお金が必要となります。

金額としては高いのですが、分割口数が少ないので負担が大きいだけで、決して割高というわけではなりません。馬の質も高いので、活躍馬も多いですからね。

そうは言っても、今の予算では出資することは夢のまた夢です。夢がかなう日は来るのか…?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

人気ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました