【キャロット】どうなる?どうする?キャロット1次募集の今後

キャロット

こんにちは!

キャロットクラブも1次募集の結果が発表されたことで、少し落ち着いた印象です。希望の馬に出資できた方、残念ながら1頭も出資できなかった方、喜び悲しみ色々あったと思います。

中間申込状況最終結果はこちらから。

大きく盛り上がった裏で、今後に向けて色々な課題が浮かび上がったのも今回の1次募集でした。キャロット人気が高まりすぎた結果、出資馬を選ぶのも争奪戦になっている印象が強く、また新規の方へは非常に狭き門もになってしまっています。

今後、この状況を変えることはできるのでしょうか?

出資決定のルール

母親はクラブ所属で、今回の募集で大人気だったルージュバック19 ※掲載はキャロットクラブの許可をいただいています

現在キャロットクラブでは、希望口数が満口以上になった場合、項目ごとに優先順位を決定しています。

  1. ステータス   : 母馬優先      > 既存会員  > 新規入会希望者
  2. 申込種別    : 最優先申込     > 一般申込
  3. 過去2年出資状況: 最優先希望落選2回 > 同落選1回 > 同当選

詳しくは、キャロットクラブのHPに掲載されているので、そちらをご確認いただいたほうが分かりやすいと思います。

簡単に言うと、該当馬がキャロットクラブ所属だった場合には該当の母馬を所有されていた方が最優先、その後で既存会員と新規入会希望者という順番になっています。母馬優先がない馬でも、既存会員、新規入会希望者の順番で優先順位がつけられます。

また、それぞれのステータスの中で、申込種別、過去2年出資状況を元に優先順位がつけられます。

ステータスに基づく厳格な序列ができている

現行ルールの課題

前提として、予め決めたルールに基づいておこなわれている公平な運用、抽選であり、それ自体に不公平感を感じているわけではありません

ただ、現行ルールの序列が強すぎて、新規入会希望者が申し込みしづらかったり、最優先落選のステータスを取るために出資不可能な馬へ最優先希望を出したり、抽選で何頭ひっかかるかという申込が増えたりしているのも現実です。

既存会員を大切にして頂くのはありがたいですが、ただ現在のように入会する可能性をきつく締め付けているのは、良いとは感じていません。

また、前年最優先落選の方の優先順位を翌年に上げるというのは、あくまで希望馬に出資できなかった方への救済措置であり、戦略ではないはずです。

ここを解決しないと、優先権を持っている人が出資権利を根こそぎとっていくような状況が続いていくと感じています。

戦略的な出資申込と新規の方への狭き門が現状の課題

繰り返しになりますが、現状のルールが不公平であるとは感じていません。ただ、個人的には最優先落選を取る為の申込や、手当たり次第申し込んで何頭か出資できれば良いという申込に、良い印象を持っていません。

現行ルールの方向性とは反対になりますが、もし抽選ルールを変えることで好きな馬や応援したい馬への出資を容易にすることができれば、より良い一口馬主ライフが送れると感じています。

良い馬が多いのですから、もっと多くの人が希望の馬に出資できるようなチャンスが欲しい!

改善提案は次回書きたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

人気ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました